冷蔵庫横の隙間収納のおすすめアイデア|紙袋を活用してキッチンで使う新聞紙を取り出しやすく



スポンサーリンク

こんばんは。

キッチンで何かと役立つ新聞紙。

油汚れ対策のため床に敷いたり、生ゴミを包んだり。

なのですが、使う度に古新聞を置いている納戸に取りに行って、広げて1枚とって。

というのが面倒で、キッチンにボサっと置かれるという状況。

ボサ。

これではだめ。

 

せっかくの冷蔵庫とカップボードとの隙間を利用しようといろいろ考えたのですが、薄いスペースなので難しい。

100均をウロウロしたけどピンと来るものがない。

ないならもう自分で作ってしまえという考えに至り、また工作の始まり。

使ったのは紙袋。

タダだから失敗しても惜しくない、意外と収納に使える便利アイテムです。

かわいいと思ってとっておいたトゥデイズスペシャルの白い紙袋を再利用。

 

このままだと冷蔵庫とカップボードの隙間に入らないので、チョキ。

マチの幅を薄くしたいので、マチの中央3分の1ぐらいをぐるりと切り取ります。

 

残った両側の紙袋を重ね合わせてマスキングテープで止めて、マチ薄い版の紙袋の完成。

 

 

冷蔵庫の横に貼りたいので、余っていた無印のマグネットを使って、

 

薄紙袋を引っ掛けて完成。

手作りだから絶妙なサイズ。

隙間にちょうど良い感じで収まりました。

おしゃれな紙袋にしたのでちょっと見えても大丈夫。

 

 

そして新聞紙は1枚ずつ折って紙袋に入れることに。

使う度に広げて剥がしての作業がなくなり、サッと取り出せてとても便利になりました🙌

 

床に直置きでなく浮かせることで、掃除もしやすくなりました。

 

キッチンの新聞散らかる問題、考えるのに時間がかかったけどやってしまえばあっという間に解決。

細々とした収納グッズはあれこれ買わずに、なるべく家にあるものでやりくりできたらいいなと思っているので、今回は大成功。

 

すっきりしました。

 

 

冷蔵庫横はマグネットがくっつくので、工夫次第で便利に使えます。

 

新聞紙の他に子ども用エプロンを引っ掛けています。

引っ掛けることで自然乾燥できるし、隙間に入れ込むことでカラフルで派手なエプロンをちょっとでも目隠し👀

見えてるけど。

毎日1日3回+おやつと使用頻度の高いものなので、さっと出してさっと片付けられる引っ掛け収納がぴったりです。

 

 

↑超おすすめの食事用エプロン。

食べこぼしキャッチ力がすごい。

食器みたいに洗えるので清潔。

 

 

こちらの記事も参考にどうぞ↓

100均グッズをリメイクして歯ブラシを吊るすアイデア|洗面所収納は浮かせて清潔に!

2018.09.15

 

では✋

関連記事

楽天ルームに愛用品を載せています↓

 

ルームクリップやっています↓

 

インスタグラムも始めました↓



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です