100均グッズで簡単ハットストラップ(あご紐)を作る|自転車の人におすすめのつば広ハット



スポンサーリンク

こんばんは。

自転車通園で日に焼けて困っているので、新しい帽子を買いました。

(娘が被ってるけど私用。)

つばの広い本気の帽子。

今まではキャップor麦わら帽子を被っていましたが、

キャップ→後ろが焼ける。

麦わら→自転車の風で前のつばがめくれ上がって顔が丸出しになる。

という問題があったので本気の日よけ帽子をひとつ。

つばにワイヤーが入っているので風でめくれる心配なし。

 

 

そして風で飛ばされないように紐を付けるためのフープが付いています。

元々紐が付いていたら言うことなしだったのですが、フープさえあれば適当に自分で付けたらいいかと思って購入しました。

 

さて、あご紐をどうするか。

たかが帽子のあご紐なのに付けるのに苦労してしまいました🌀

(最後には無事解決したのでご安心ください。)

 

まずは、100均に売っていたゴムでお試し。

髪の毛コーナーにありました。

これをちょうどの長さに切って、帽子のフープにくくりつけてみました。

一見良さそうに思えたのですが、風が吹くとゴムがビヨーンと伸びて結局帽子が後ろへ脱げてしまいました。

飛ばされることはないけど、脱げたら意味がないのです。

しかもこの帽子、つばが広いからか風を受けて脱げる脱げる。

これじゃだめ。

 

何かいいものがないか調べたところ、100均にそれ用のものがあることが分かったので、母に買い物をお願いしたところ、

↑こういうのが欲しかったのだけど、

 

こういうのを買ってきてくれました↓

ダイソー「帽子クリップ」

全く同じ名前だけどちょっと違う!

これだとさっきのゴムと一緒で、飛ばされはしないけど脱げてしまうのに変わりなし。

あごでキュッとできるタイプのものが欲しかったのです。

 

と母に伝えたら、

こんなスーパーアイテムを発見してきました。(これも100均)

あごでキュッとできるパーツのみ売ってるんだ👀

これをさっきの帽子クリップに付けたらええやんか。

 

帽子のフープをクリップで挟んで、紐にコードストッパーを装着。

これであごで紐をキュッとできます。

一見落着と思いきや、被ってみるとクリップがこめかみ付近に当たってとても邪魔。

紐もちょっと短すぎる。

サングラスをかけてイヤリングしたりして、ただでさえ耳付近に色んなものが集まってるのに、クリップが追い討ちをかけてうっとうしいという。

クリップはやっぱりつばに付けるものなんだ。

 

 

普通の紐にしよう。

手芸屋の黒い紐を使うことにしました。

100均にもきっと売ってそうです。

 

フープに紐をくくり付けて、コードストッパーを通して、やっと完成🙌

被ってストッパーでぎゅっと締めたら、風に飛ばされず良い感じ🌪

クリップのゴワゴワ感もないし。

 

自転車に乗らないときは緩めて、

 

乗る時は締めて。

結局ただの紐+ストッパーというシンプルなもの2つのみで解決。

付け方も簡単。

(後でストッパーが抜け落ちないように紐の先っぽを固結びしました。)

はじめからこうしておけばよかった!

やってしまえばなんてことないのに、何度も失敗してしまいましたが、無事解決。

 

実はネットにハットストラップが売っているけど、

 

紐とコードストッパーさえあれば安く済みます。

もしハットストラップで困っている人がいたら参考にしてみてください。

 

ちなみに帽子はこちら↓

 

つばが広くて、ワイヤーが入っているので風でめくれ上がることもなく、軽くて折りたためるので持ち運びにも便利。

黒だと魔女感はあるけど、自転車とか公園用として使うには良いと思います。

何せどんどん黒くなって困っているので。

 

こちらの記事も参考にどうぞ↓

幼稚園の送迎に欠かせない日よけ・暑さ対策グッズ|ネッククーラーが涼しくて便利

2018.07.20

 

では✋

関連記事

楽天ルームに愛用品を載せています↓

 

ルームクリップやっています↓

 

インスタグラムも始めました↓



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です