靴の名前つけ、直接書きたくない人へ|ペンとリボン(紐)だけでできる簡単アイデア



スポンサーリンク

こんばんは。

もうすぐ3月、入園に向けての名前書きの季節がやって来ました。

保育園や幼稚園、小学校では自分の持ち物に全て名前を書かなくてはなりません。

 

普段着る服などの布類から、弁当箱など水に濡れるものetc、色んなバリエーションの名前書きが求められます。

難易度高めなのが靴。

名前ペンで直接書くのに抵抗があるものの上位に入ります。

今日は直接靴に名前を書かずに済む簡単アイデアを紹介します。

 

いるものは、ペンとリボン。

 

書き込みやすい布っぽいがリボンおすすめ。

リボンと言っていいのか、紐というか。

リボンに名前を書き込んで、

 

布書きペンは細字がおすすめ。

 

 

靴の紐にくくりつけます。

ただそれだけ🙌

 

 

リボンのピロピロが気になるようなら靴紐の中に入れ込みます。

 

幼稚園に行きたてのときは直接靴に名前を書いていたのですが、やはりなんとなく抵抗が。

履かなくなった時に売れなくなるしというのも理由のひとつ。

 

そこで以前、ゴムに名前を書いてループにして縫うという作戦を実行してみました。

出来上がりは満足な仕上がりでしたが、針と糸をわざわざ出して縫うという作業がとても面倒です。

どうにか縫わずにできる方法はないか(しかも家にあるもので)と考えて、リボンをくくりつける作戦を思いつきました。

とても簡単で我ながらナイスアイデア💡

 

ただ、名前を直接書かなかったらサイズアウトした時に売れると思いきや、

幼稚園児の靴の消耗の激しさ。

先っちょ破れてしもてる。

こんなにボロボロになってしまうのならどうせ売れないから直接書いてもええやん。

と思ってしまいました。

でも万が一足に合わないこともあったりするし、売る・売らない関係なく直に書くのは抵抗がある。

のでリボンをくくりつける作戦は続けていこうと思います。

 

余談ですが息子のスニーカーについて。

左からNIKE(16cm)、new balance(17cm)、vans(18cm)。

入園してすぐナイキを履いて、試着して買ったつもりが小さかったのかとても履きにくそうにしているので(履いてしまえばいいけど足を入れにくい。)すぐにニューバランスに変えました。

ニューバランスは自分でもスムーズに履けて、今も毎日履いています。

幼稚園の泥汚れがひど過ぎて、ニューバランスを洗っている時に洗い替えとしてナイキを履いてたらキツキツになっていたので、慌てて18cmのバンズを買いました。

 

 

色々履いてみた印象をまとめると、

ナイキは横幅が狭いのでぴったりサイズだと履きにくい。

ニューバランスは幅が広くて自分で履きやすい。

バンズはテープが付いていないので更に履きやすい。

アディダスも幅が広め。(試着した感想。)

 

同じメーカーでもデザインによってサイズ感が全然違ったりするので、ネットでポチりたくなるけど靴は試着した方がいいと思いました。

試着しても失敗したりするけども。

子どもの靴選びは大変で、デザインが気に入ったものはサイズがないという状況が何度も。

そもそも買い物に連れまわすと機嫌が悪くなってくるしサイズの合った納得のいく靴を見つけるのは大変でした。

とりあえずバンズを買えてほ🍵

(もっとかわいいデザインのがあったけどサイズがなかった。)

18cmはまだ少し大きいけど、ニューバランスを洗っている時だけ今は履いて、ニューバランスがサイズアウトしたら毎日履く予定です。

そしてまた一回り大きいサイズの洗い替えを買おうかな。

そんなスニーカーサイクル。

 

こちらの記事も参考にどうぞ↓

無印の棚を使った幼稚園グッズ収納|子どもが自分で準備・片付けできる身支度棚

2018.03.26

 

◆◆◆◆◆◆◆

兄さんの靴の話のあとは、妹。

数あるぬいぐるみの中でもお気に入りはリアル赤ちゃん人形です。

 

 

寝かしつけ。

 

では✋

 

関連記事

楽天ルームに愛用品を載せています↓

 

ルームクリップやっています↓

 

インスタグラムも始めました↓



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です