子どものピアノレッスンバッグ収納|重いものもOKな石膏ボード用フックで引っ掛ける



スポンサーリンク

こんばんは。

兄さん(5歳)がピアノを習いはじめて1年少し経ちました。

しんどいという理由でやめたスポーツクラブと比べると、ピアノの方が好きらしい。

練習しよーと声をかけるとすごく嫌な顔をされるけど、それでもちょろちょろと続けて進んでいます。

それにしても1年経ったのにレッスンバッグの定位置がないのってやっぱり問題。

ピアノの部屋のどこかにポイ置きされてるか、

 

椅子に引っかかっていたらましな方。

だめだと分かっていても、椅子がそこにあると何でも引っ掛けてしまう。

そのうち服とか帽子とかも引っ掛けられて、

大体こうなってます。

もうかけるところないやん。

やっぱり習い事かばん専用の場所を作らないとな。

 

とりあえず、場所を取らず手っ取り早い引っ掛ける収納を採用してみることにしました。

狙うはピアノの左側のこの壁。

しまうものは使うものの近くに。

ちょっと狭いけどいけるかな。

 

フックは家にあったこちらを使います。

玄関の鏡をぶら下げる用に買ったものが1つ余っていました。

耐荷重何と8キロ。

 

まずは4つの穴に釘みたいなものを押し込みます。

手で押し込むには力がいるので、金槌でトントンしたら入りました。

 

カバーをつけたら設置完了。

これが8キロも支えてくれるなんて頼もしい。

 

レッスンバッグには8冊ぐらい楽譜などが入っていて、子どものかばんと言えども結構重たいです。

さすがに8キロはいかないけどフックが力もちだと安心感があります。

 

早速引っ掛けてみました。

カーテンをくくったら良い感じのスペースができました。

 

やはりちょっと狭そう。

ここにちゃんと引っ掛けてくれるのか、あまり期待してないけどとりあえず定位置ができて自己満足。

 

以前アウター収納を考えた時に、引っ掛けるよりも放り込む方式の方が子どもには簡単で良かったという記事を書きました↓

子供のアウター収納はかごに放り込んで簡単に|無印のステンレスワイヤーバスケット

2020.05.03

放り込み収納は簡単でよいのだけど、その分スペースがいるのです。

我が家にスペースもうそんなにないのです。

なのでレッスンバッグは引っ掛けでとりあえず様子をみようかと思います。

 

押しピンみたいに一箇所さすだけのフックは手軽だけど、レッスンバッグのように重たいものは引っ掛けられません。

このフック、簡単につけられるのに耐荷重がすごくてとても便利です↓

 

来週からはプールを習い始める予定です。

体操をやめたので、ちょっとは嫌いな運動もがんばっておくれ。

 

こちらの記事も参考にどうぞ↓

サイズ豊富!おすすめの可愛い子ども用長靴『OMNES(オムネス)』のレインブーツ|簡単便利な名前の付け方

2019.04.15

 

では🤚

関連記事

楽天ルームに愛用品を載せています↓

 

ルームクリップやっています↓

 

インスタグラムも始めました↓



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です