超おすすめの子ども椅子|ストッケのトリップトラップにして良かった理由5つ。



スポンサーリンク

 

こんにちは。

我が家は夫、私、3歳、1歳の子どもと4人暮らしです。

 

ダイニングの子ども椅子(ハイチェア)は2脚あります。

ひとつはプレディクトチェア。(右手前の丸い背もたれの椅子。)

詳細はこちら→新しい子供椅子。飛騨の家具、プレディクトチェア。

 

もうひとつはストッケのトリップトラップです。

こちらは長男が小さい時から使っています。

おしゃれな北欧インテリアの家でよーく見かける椅子なので「これを置いたらおしゃれになる」という安易な考えから、使い勝手のことなどほぼ考えずに購入しました。

実際使ってみると、こんなにいい椅子はない!と言い切れる程良い椅子でした。

今日はこの椅子のおすすめポイントについて紹介しようと思います。

 

 

◆高さが調節できる

 

座面と足乗せ板の両方の高さが調節可能です。

大人と同じ目線で食事ができます。

座るとき、足がしっかりと板についていることが姿勢を保つ上で大事だそう。

細かく高さが調節できるので、足がぶらぶらすることがありません。

 

いつから使用できるかというと、ベビーセットを使うとおすわりができる頃から、ニューボーンセットを使うとなんと誕生直後から使用できます。

 

ベビーセットを外して座面を低くすると大人も使用できます。

子ども用品は使用期間が短いものが多いですが、長く使えるのは嬉しいポイントです。

 

 

 

◆安定感がある

なんと言っても安定感が抜群です。

ビーチ(ブナ)材を使用した丈夫な構造で、対荷重はなんと140kg。

ぐらついたりもせず、絶対に倒れる気がしません。

椅子本体がしっかりした作りであることは言うまでもないのですが、

ベビーセットとハーネス(ベルト)がいい役割を果たしています。

子どもは椅子の上でじっとしていることはまずありません。

ベルトが外れる心配がないのに、ガチガチに拘束している訳ではないのがポイント。

安全な範囲内で動くことができるので、機嫌を損ねず座ってもらえます。

背もたれも高さがあるので、安心感があります。

この椅子に座らせて「おかあさんといっしょ」をつけたら、数分はリビングを離れることができます。

 

ということで、ベビーセットとハーネスは必需品です。

 

ベビーセットは椅子本体と一緒に購入しましたが、ハーネスは長男が1歳になってようやく購入しました。もっと早く購入しておけば良かったと強く思います。

 

ちなみに、このベビーガード、エプロンをしても邪魔にならない絶妙なカーブです。

今は1歳になったばかりの娘が使用中。

 

 

◆掃除が楽

子どもは1回食事をするだけで想像以上の食べこぼしをします💣

この椅子は布の部分がないので清潔。

座面や足乗せ板が平面なので、さっと拭けて便利です。

汚しまくる子どもの椅子、掃除のしやすさは必須条件です。

 

私は洗濯が面倒なので使用していませんが、お尻が痛そうと心配する優しいお母さんのために、クッションも別売りされています。

 

 

 

◆おしゃれ

 
 

 

これだけの機能性を兼ね備えていて、このおしゃれさ。

シンプルなデザイン。

人気の椅子だと納得です。

ヒヤヒヤしながらストームグレーという色に挑戦してみたのですが、「違う色にしとけばよかったー」と後悔することなく使用できています。

カラーバリエーションが豊富で好みの色を選べるのが楽しいです。

 

 

◆値段は高い?

木製でももっと安価な子ども椅子が沢山ある中で、2〜3万円する椅子は高価な気がします。

が、抜群の性能と、長期間使用できる点を考えたら、納得の価格だと思います。

ヤフオクなどで中古のものを安い値段で手に入れるのもありかもしれません。

育児をする上でなくてはならない存在。

高くても買って良かったと心の底から思います。

 

 

ベビーセットとのセットはこちら↓

 

子ども椅子選びの参考になれば嬉しいです。

では✋

あやお
もっとがんばれの応援クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

 

ルームクリップやっています↓

 

インスタグラムも始めました↓



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です