マンションの駐車場の選び方|機械式と平置き、自走式を徹底比較!



スポンサーリンク

マンション購入の際に駐車場を契約する方は、駐車場のタイプを必ず確認しておく必要があります。

駐車場には、以下のような3タイプがあります。

平置き

立体自走式

機械式

さらに機械式は、パズル式、ピット式、タワー式に分けることができます。

この5パターンの全てを経験したことのある筆者が、それぞれのメリット、デメリットをまとめてみます。

 

平置き駐車場

地上に直接置くタイプの駐車場です。

土地が広い地域では主流となるタイプです。

 

メリット

出庫が速い

何といっても出庫が最速です。

地上に置いているだけですから、家から駐車場に向かえばすぐに乗車でき、すぐに出られます。

他の人が同時に出庫する際でも待ち時間は全く発生しません

 

車庫入れがしやすい

スペースにもよりますが、たいてい平置き駐車場は広い土地に作られるため、車庫入れがしやすくなります

駐車場内を自由に走れるため、好きな角度から入れられるなど、車庫入れの自由度も高い傾向があります。

 

維持費が安い

機械を使うわけではないため、管理費や維持費が安くつきます

駐車場代自体も安いでしょう。

 

デメリット

車体が傷みやすい

屋根がないところはもちろん、屋根があっても完全に覆われていない限りは吹きざらしになります。

また細かい石や砂などがつきやすく、車体が汚れやすくなります

表面に細かい傷がつきやすく、売却の際には査定に響く可能性があります

 

雨に濡れる

屋外ですので、雨の日は乗り降りの際にどうしても濡れます

もちろん平置きでも屋根があるところではこのデメリットはありません。

 

立体自走式

郊外のスーパーなどでもよく見られる、立体式で中を走ることができ、ぐるぐる回るようにして上り下りするタイプの駐車場です。

 

メリット

雨に濡れない

屋内に駐車できるため、雨風から守られます

車体が傷みにくく、汚れにくいメリットがあります。

 

デメリット

出庫に時間がかかることがある

機械式と違って待ち時間はありませんが、駐車スペースの位置によっては出入庫に時間がかかります

階層が上だと、毎回出入庫のたびにぐるぐる回ることになります

 

車庫入れがやや難しい

駐車スペースの広さにもよりますが、立体式はやや狭く設定されていることが多く、車庫入れがやや難しい傾向があります。

隣の車や周囲の壁、柱にはたいてい車の擦った跡がついています。

 

機械式

機械式には、パズル式、ピット式、タワー式の3タイプがあります。

パズル式は、駐車スペース番号を押すとパズルのように周囲のパレットが動いて自分のパレットが降りて来る、というタイプです。

ピット式は、縦に2段、ないし3段並んでいて、駐車スペース番号を押すと上下に移動して自分のパレットが降りて来るタイプです。

一方タワー式は、外からは見えないタワーの中でメリーゴーランドのようにパレットが動くタイプです。

ホテルや都心のショッピングセンターなどで見られます。

いずれも自分のパレットが降りて来るまで待っている必要があります。

 

メリット

傷つけられるリスクが低い

機械の中に駐車しているため、いたずらをされたり、出入庫時に他の車にぶつけられる心配が一切ありません

 

車庫入れのストレスがない

タワー式特有のメリットです。

ほとんどのタワー式駐車場は、駐車時は前から突っ込んで停めることが可能で、出庫時は自然に前を向いて降りてきます

車庫入れのストレスがないというのが最大のメリットです。

(古いタイプのものだと、この機能がないものがある可能性があります)

広告

 

デメリット

車種に制限がある

機械式はスペースが狭いため、車体の高さや幅に制限があります

たいてい、車高や車幅で何種類かに分け、駐車料金を変えているところが多いです。

全体の数が少ないと、大きな車の人は契約できない、というケースも起こりえます。

 

維持費が高い

自走式に比べると機械を使うため、定期的なメンテナンスが必要です。

維持費が発生し、駐車場代自体も高くなります。

 

トラブル発生のリスク

何らかの機械トラブルが発生すると、その場所を使っている全員が出入庫できなくなります

車自体のトラブルでも同じで、一人の車が故障したりすると、それが解消しない限り出入庫ができなくなります

(こういうケースはまれではありますが)

 

出入庫に時間がかかる

番号を押して自分のパレットが降りて来るまで待っている必要があります

同じ場所を契約している他の住人とタイミングが合ってしまうと、そこで待ち時間が発生します

 

鍵を忘れやすい

パズル式・ピット式特有のデメリットです。

例えば出庫時なら、鍵を機械に入れ、車を出してから一旦停車、機械を動作して元に戻したのち鍵を抜き取る、という作業が必要です。

この際、鍵の抜き忘れ、置き忘れが多発します。

パズル式やピット式の場合、必ず鍵の忘れ物が頻繁に起こっています

 

車庫入れが難しい

パズル式・ピット式特有のデメリットです。

たいてい狭いエリアでパレット上に車庫入れをする必要があるため、車庫入れが難しいことが多いです。

しかも他の人が待っている時に車庫入れをすることもあり、ストレスになりがちです

 

今回は、駐車場のタイプとそれぞれのメリット・デメリットについて書きました。

ぜひ参考にしてみてください。

楽天ルームに愛用品を載せています↓

 

ルームクリップやっています↓

 

インスタグラムも始めました↓



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です