ウッドブラインドを取り付ける。メリットとデメリット。



スポンサーリンク

 

こんばんは。

 

新居でやりたかったこと。

1、照明をルイスポールセンPH5にすること

2、ウッドブラインドをつけること

3、キッチンにオープンの棚をつけること

順番がめちゃくちゃですが、今日はウッドブラインドについてです。

 

 

購入するにあたり、ブラインドにするかカーテンにするか、一応考えました。

ブラインドは、

1、開け閉めがカーテンより面倒。

2、子供がいると危ない。

といった欠点があります。

1については、取り付け予定場所(リビングとキッズスペース)は出入りする窓ではないので大丈夫。

2については、首がしまってしまう可能性のある紐は束ねる器具があるらしいので、(小さいおっさんも賢くなってきているし、お店の人も小さいお子さんがいる家でもやっていますよと言ってくれたので、)

念願のウッドブラインドにすることに決定しました。

 

 

アクタスで、タチカワというメーカーのウッドブラインド、フォレティアタッチを購入。

いいお値段だけど、意外とカーテンにするよりかは価格は少し安めなのです。

色は小さい四角で見ても何がいいんだかさっぱり分からなかったので、アクタスの店員さんに部屋の写真を見てもらいおすすめしてもらった、ウォールナットにしました。

床の色とほぼ同じです。

 

取り付け場所のbefore。

南向き、冬に撮った写真なので光が差し込んでいます。

ベランダは寝室と書斎から出られるようになっているので、リビングからは見えません。

こういう窓のことをダイナミックパノラマウィンドウというそうです。

主婦にとっては洗濯物を干すときに、リビングにいる子どもから目を離してしまうので少し不便ですが、景色はよいです。

 

 

取り付けたところ、after。

もちろんサイズの計測から取り付けまでお願いしました。

楽天にも。

 

beforeと角度が違ってすみません。

カーテンレールは撤去せずに、そのままにしておきました。

 

 

キッズスペースはこんな感じに。

鯉のぼりの季節の写真ですみません。

とても良い感じに仕上がりました😊

やっぱりおしゃれです。

 

紐が子どもの手に届いて首が絞まる危険があるのですが、束ねておけるクリップ(コード留め具)が付いていました。

これで紐を束ねて手が届かないようにしています。

 

ブラインドにしてよかったことは、

簡単に光の入り具合を調整できるところ。

 

光がたくさん入るようにしたら、豆苗がニョキニョキ伸びました。

昼寝の時など少し明る過ぎるなと思う時は、紐をチョンっと引っ張ると簡単に暗くしたりもできます。

 

 

 

アングルポイズのフロアランプについてはこちら→

 

ちょっと失敗したかなと思うのは、ブラインドの下の長さを窓枠に合わせるか、床に合わせるかと聞かれて、どっちがいいのか分からなくて床までにしてしまったことかと思います。

床にぴったり付いてると、ついているところとその奥の掃除がしずらいし、ルンバも当たってしまいます。

(ルンバ、故障中なので最近はもっぱら手動の掃除機だけど。)

でも冬は床まで下ろしていると暖かいらしい。

あとはリビングについている小窓が、右手でストッパーを押さえながら左手で閉めないといけない窓なので、ブラインド越しだと(ブラインドを閉めたまま隙間から手を入れてすると、)少しやりにくいこと。

キッズスペースの窓は普通のスライド窓なので、ブラインド越しでも楽々開けられます。

あともう1点、台風の日、窓を開けていたらブラインドが風であおられて窓枠にガンガン当たってものすごく音がうるさかったです。

そもそも暴風で危ないので台風の日は窓を開けないようにします。

 

なんといっても1番困っているのが、スリットに埃がたまるところ。

掃除すりゃいいんだけどもさ🍃

 

おしゃれなレデッカーのブラインド用ブラシ。

 

なんだか欠点ばかり並べてしまいましたが、やって後悔はなしです◯

カーテンやブラインドは面積が広い家具なので、それによって部屋の印象が大きく変わります。

新居に引っ越したらやりたかったこと、無事実現できました。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

娘、1歳を迎え、ようやくつかまり立ちをしました!

がんばってる!そして優しく見守る小さいおっさん。

後ろが荒れててすみません。

ハイハイは結局すっとばしました。

いまだに超高速ほふく前進をしています。

なかなかハイハイしないので心配しましたが、立ててよかったです🙌

 

では✋

あやお
もっとがんばれの応援クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


あやまるハウスは
Istagramを始めました!

インスタグラムでも写真を公開しています。
ぜひ遊びに来てください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WRITERこの記事を書いた人

北欧インテリアに憧れる看護師のあやまるです。 1歳、3歳の子育てをしながら、すっきりとした暮らしを目指し日々奮闘中。 アクタス、無印良品が好きです。 10を超えるマンション住まいの経験から、インテリアとマンションの知識を紹介します。