キッチンのシンクに水垢をつけないコツ|こまめな掃除と夜のリセット



スポンサーリンク

 

こんにちは。

久しぶりに晴れて気持ちのいい朝です🌞

子どもたちと同じ時間に寝てしまったので、睡眠時間たっぷりですっきり。

 

さて、

掃除は面倒なのでできるのならば誰かにやってもらいたい。

けどそういう訳にはいかずマイペースにちょこちょこ掃除しながら暮らしています。

一番手を掛けていると自分で思う場所は、キッチンのシンクです。

 

水回りはちょっとでも放っておくとすぐに汚れます。

汚れが溜まってから掃除となると、中々取れません。

大掃除しなくて済むように、毎日ちょこちょこ掃除を心がけています。

 

今日は夜のキッチンリセットの様子を紹介しようと思います。

 

子どものマグや夜のお茶会のコップなど、最後の洗い物を終えたら、

ぴったりサイズの水切りカゴはベルメゾンのもの。

 

 

ふきんで拭いて回ります。

 

 

ダイニングテーブルを拭いて、

 

 

キッチンカウンター。

(注:写真の布巾は乾いていますが、水拭きしています。)

 

キッチン後ろの棚。

 

 

コンロ周りや作業スペース。

 

 

ちなみに、昼間は布巾は使いません。

濡れたものを長時間置いておくのがあまり好きではないからです。

夜だけ使って、翌朝洗濯機で回します。

昼間テーブルやキッチンが汚れたら、ティッシュやウエットティッシュで拭いています。

 
 
 
 

ここまで拭き終わったら、水切りかごを別の場所に移動して、シンクの掃除。

 

スポンジでシンクをさっと洗います。

 

これは夜に限らず、食後の洗い物の度にシンクもさっとスポンジで洗っています。

汚れを貯めた状態のシンクだと、食器用とは別にシンク用のスポンジを使いたくなりますが、こまめに洗っているので汚れは食器と同レベル。

なので、食器を洗うスポンジをそのまま使っています。

 

 

全てのものを洗い終えたスポンジは硬く絞って朝まで乾かします。

(スポンジはセリアのもの。5つ100円。)

 

ここでまた布巾が登場。

シンクの縁の水気を拭き取って、

 

 

 

一旦布巾を洗って、水道の蛇口周りの水気も拭き取ります。

 

 

これでキッチンリセット完了です。

シンクの中も拭きあげた方がいいかなー。

水切りかごも洗わなきゃ。

布巾の漂白もしなきゃ。

 

とかまだまだ思うところはあるのですが、とりあえず毎晩「最低限ここまでやる」と決めていることを頑張って続けています。

(と書いた前日、子どもと一緒に寝落ちしてしまったので、できず。)

ちょっと面倒ですが、汚れが溜まってからだと不快だし、頑固な汚れは落とそうにも余計に時間がかかります。

こまめに掃除をしていると、強力な薬剤はもちろん、重曹やクエン酸も不要です。

水拭きで綺麗になります。予防が大事。

 

と、偉そうに書きましたが、掃除しないといけない場所は他にもたくさん・・・。

主婦の仕事は終わりがありません。

では✋

あやお
もっとがんばれの応援クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

 

ルームクリップやっています↓

 

インスタグラムも始めました↓



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です