切れ味抜群で見た目もおしゃれなおすすめパン切り包丁|柳宗理のブレッドナイフが我が家に。



スポンサーリンク

こんばんは。

最高に切れ味の悪いパン切り包丁を使い続けて3年ほど。

調理パンはギリギリ切れるけど、食パンはもはや切るというより潰しちぎる感じになってしまう。

美味しい食パンに限って弾力があって切りにくくて、無残な姿に成り果てます。

 

買い替えたいなーと思いながら3年経ちましたが、とうとう切れ味の良すぎるナイフが我が家に。

母からのプレゼント。

『柳宗理のブレッドナイフ』

やってきたのは冬ぐらいでしたが、感想を書こう書こうと思っていたらもう夏になりそうです。

 

おしゃれな見た目

オールステンレスでスタイリッシュ。

日々の生活をともにする道具は見た目も大事。

 

 

清潔

包丁は、持ち手と刃のつなぎ目が不潔になりがちです。

このブレッドナイフはオールステンレスなのでつなぎ目なし。

刃と持ち手が一体となっています。

木の持ち手の包丁も素敵ですが、水回りで使う物はオールステンレスだと衛生的。

さっと拭いたら水気が取れるので、お手入れも楽です。

 

 

食洗機可

持ち手が木でないのでなんと食洗機OK。

これがとても嬉しいポイント。

手洗いの物がちょっとでも増えると面倒なのです。

食洗機で丸洗いできるのはとても便利。

 

 

切れ味は

一番肝心なのが切れ味。

今まで食べた中で1番美味しいパン屋さんの食パン。

切りにくさも1番、潰し切りしていたパン。

普段はカットしてくれますが、焼きたての時はカットしてくれないので、持ち帰ってセルフカットしないといけないのです。

カットするのが嫌すぎて、焼きたての時は買わないことにしていました。

 

久々の焼きたてに遭遇、ナイフもあることだし迷わず購入🍞

冷めるのを待って、カットしてみます!

綺麗な断面!

ビフォーの包丁バージョンがないから凄さが伝わりませんが、前の包丁で切ったパンは本当にひどいもんだった。

下手くそでも包丁がよければこんなに綺麗に切れるのですよ。

とにかくサクサクよく切れる。

おしゃれボリュームサンド(わんぱくサンド)もきっとスパっと切れること間違いなし。

 

 

サイズ

サイズは全長31.5cm、刃渡21cm。

持ってみた感じはこう。

握り心地も◎

 

収納

うちのマンション、キッチンのシンクの手前に包丁入れが元々ついています。

これがとても便利。

もちろん柳宗理のブレッドナイフもきっちり収まります。

もう一つ見えているステンレスの柄のものも、柳宗理の包丁。

そういやこの包丁、就職してひとり暮らしを始めた時に母がくれたものだったな。

と思い出す🔪

 

まとめ

主婦歴40年ぐらいの母が、柳宗理のキッチン道具は使いにくかったことがない。

と言います。

 

自分の台所にある柳宗理の道具、確かに使いやすくて、見た目の綺麗さも際立ちます。

ブレッドナイフも実際に使ってみると、欠点なし。

本当に使い勝手がよくて、おすすめの包丁です↓

 

安くはないけど、人気のタダフサより大分安い。

タダフサは人気すぎて手に入りにくいようです↓

 

気持ちよく切れるパン切り包丁で、おいしいパンライフ。

 

では✋

こちらの記事も参考にどうぞ↓

おすすめのザルとボウル|柳宗理のステンレスボウル・パンチングストレーナーを実際に使った感想

2018.04.26

 

あやお
もっとがんばれの応援クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

楽天ルームに愛用品を載せています↓

 

ルームクリップやっています↓

 

インスタグラムも始めました↓



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です